りぶろぐ

知って得する社長主催の勉強会 ~数字読めたらかっこいいじゃん~

管理部の川口です。
昨年のお話になりますが、11月に全社に向けた「財務勉強会」を行いまして、その時の模様を少しお伝えします。


財務やら会計やらの知識を学ぶとなりますと、ランチ後の眠気を誘いそうなタイトルです。(ランチ後に書いてます)
経営視点を持つためとか経営者感覚で仕事をするとか、そうなれるといいですが、
勉強をしたからと言って経営者感覚で仕事ができるなんて、そうはいきませんよね。
今回の目的は、ビジネスをする上で「数字をもって対話できるようになってほしい」との社長の思いがあり、
社長自ら企画して開催に至りました。


その数字についていいますと、「算数苦手でした」とよく言われます。
が、関係ありません。必要なのは”読解力”。
数字は会社の活動すべてを表しており、わかるようになるとこれらの数字の羅列は読み物に変わります。


普段は売上高や営業利益といった損益計算書ベースでの数字は理解できていると思いますが、
今回は貸借対照表やキャッシュフローまで広範囲なプログラムに振れる機会となりました。


勉強会のプログラムは
①P/LとB/Sって何?(難易度低)
②P/LとB/Sの関係がわかる(難易度中)
③P/L、B/SとC/Fの役割、C/Fで会話ができる(難易度高め)


こんな感じです。
タイトルだけみると、基礎学習にも見えますが、
社長自作のプログラムは他社の事例なども盛り込んであり、
また少し言葉をデフォルメして参加者がついてこれるよう、
最後まで飽きないプログラムとなっていました。
参加者からもわかりやすかった、おもしろかったといった声があがり、大変好評に終わりましたが、
なかでも一番盛り上がったのは、最終回の「数字を見てどこの企業かを当てる」というもの。
(公開されてるデータ使ってます)
参加したみなさん、なかなかいいポイント押さえてましたよ。


数字をもとに話せるようになった参加者を見て、「かっこいいじゃん」って。
なんだか誇らしい…。


このように知っておくとやってる仕事が変わるかも!?、というような社長主催の勉強会を現在いくつか企画中です♪
今年も一年、りぶろぐを御贔屓に!


りぶろぐ かわぐち

一緒に働く仲間を募集します
ITで印刷はもっと面白くなる

一緒に働く仲間を募集します
ITで印刷はもっと面白くなる