メンバーブログ

デザイナーの素敵なことば。

はじめまして!

コンテンツワークスでwebデザイン兼webディレクションを行っている小野です。

webデザインと言いながらポスターやギフト券などグラフィックデザインもたまにしています。

趣味はボールペンでのドローイングと日帰り旅行です。

今回は、先日友人の個展に遊びに行って感じたことと、

日頃、他社事例研究(ネットサーフィンともいう…)でサイトを見たり、

企業イベントなどのパンフレット・フライヤーを見て感じたことがリンクしたので共有いたします。

アメリカにミルトン・グレイザー氏というグラフィックデザイナーがいらっしゃいます。

(I♡NYのロゴをデザインした方です)

その方の言葉で以下のような言葉があります。

「デザインの作品には3つの反応がある、

 イエス、ノー、そしてワオ!だ

 目標とすべきなのはワオ!だ」

色々なWebサイトやフライヤー、広告を見ていると仕事柄、

「統一感があって見やすいけど、もしこのボタンを変えるとCVがどう変わるんだろう…」

「どうしてこのポスターはこの位置に配置したんだろう…ターゲットは…」

「このサイト重いな…ユーザーにストレスを与えるのでは…」

など、あまり「ワオ!」の視点で見れていなかったなと気づきました。。。

完全に職業病ですね。

コンテンツワークスのサイトを見ていただいているすべての方にワオ!と思っていただけるように、

まずは自分がワオ!の視点を忘れないようにしようと思いました。